野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

とてつもなく早いわけではない2015プロ野球順位予想〜パリーグ編 がんばろう神戸から20年。節目の年にオリックスは優勝できるのか?




スポンサードリンク


順位予想 パリーグ編

まずは昨年の順位

1,福岡ソフトバンクホークス

2,大阪オリックスバファローズ(0G)

3,北海道日本ハムファイターズ(6.5G)

4,千葉ロッテマリーンズ(7.5G)

5,埼玉西武ライオンズ(2G)

6,東北楽天ゴールデンイーグルス(1G)

 

2013年からA、B総入れ替えという混パを象徴するかのような順位だった2014年シーズン。

 

マー君こと田中、そしてマギーの抜けた穴がとてつもなく大きかった楽天。

おかわり、浅村の怪我、雄星の不調が響いた西武。

外野陣が固定できなかったロッテ。

下位3チームはかなり苦しかった。

 

切れ目のない打線、そして盤石のリリーフ陣を擁したソフトバンク。

エース金子をはじめとした圧倒的な投手力であと一歩まで迫ったオリックス。

大谷、上沢、浦野と若手投手陣が引っ張る日本ハム。

 

投手力がものを言った上位3チーム。

 

さて今シーズンドラフト以外の主な新戦力

 

福岡ソフトバンクホークス:松坂、ハンデンバーグ

大阪オリックスバファローズ:中島、小谷野、バリントン、ブランコ

北海道日本ハムファイターズ:田中賢介、レアード、ハーミダ

千葉ロッテマリーンズ:李

埼玉西武ライオンズ:郭

東北楽天ゴールデンイーグルス:ウィーラー、サンチェス、ミコライオ

 

外国人とアメリカ帰りばかり。大きなトレードもなくFAも小谷野だけ。

外国人選手の活躍如何で順位の変動が大きいだろう。

 

ソフトバンクとオリックスは余程のことがない限りAクラスは固い。

日本ハムはベテランの稲葉と金子が不在となりだれがしっかりとチームをまとめていくかが鍵となりそう。

楽天はウィーラー、サンチェスの活躍があれば3位に滑り込み位はあり得る。

 

逆にロッテ、西武は大きな補強もなく難しいのででは?

西武はメヒアが最初からいることとおかわり君が怪我なくシーズンを過ごせれば上位争いはしそうだがロッテはデスパイネしか頼りにできないので相当苦戦と予想。

 

1,大阪オリックスバファローズ

2,福岡ソフトバンクホークス

3,東北楽天ゴールデンイーグルス

4,北海道日本ハムファイターズ

5,埼玉西武ライオンズ

6,千葉ロッテマリーンズ

 

がんばろう神戸から20年。

イチローが去って15年。

節目の年に大型補強で本気のオリックスに期待する。

広告を非表示にする