読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

ジャイアンツ青木のチームメート紹介! 日本に馴染みがあるのは誰なのか?




スポンサードリンク


イチロー、青木と日本人野手の所属が決まった。

 

多くのMLB日本人選手ファンはサンフランシスコ・ジャイアンツとマイアミ・マーリンズのチーム情報を検索しています。(多分)

 

安定したレギュラーは新庄以来となりそう。

今回は青木所属のサンフランシスコ・ジャイアンツ所属の選手を紹介する。

 

サンフランシスコ・ジャイアンツに所属した日本人選手は

マッシー村上氏(1964年、65年)

新庄剛志氏(2002年)

藪恵壹氏(2008年)

田中賢介(現日本ハム)(2013年)

こちら4人

青木が5人目。

 

安定したレギュラーは新庄以来となりそう。

 

レギュラー、エース級で活躍した日本人選手がここ10年いないのでワールドチャンピオンと言えど日本人には馴染みが薄い。

 

主なメンバー(著者の一言コメント)

先:マディソン・バンガーナー(バッティングも凄い!)

先:マット・ケイン(完全試合男)

先:ティム・ハドソン(現役最多勝男)

先:ジェイク・ピービ(気性が荒い)

先:ティム・リンスカム(ノーヒッター2回、二年連続サイヤング)

先:ライアン・ボーグルソン(復活)

抑:サンティアゴ・カシーラ(小さいCL)

捕:バスター・ポージー(双子のパパ)

一:ブランドン・ベルト(完全開花まであと少し?)

二:ジョー・パニック(期待の若手)

三:ケーシー・マギー(新規加入)(カムバック賞受賞)

遊:ブランドン・クロフォード(イケメン好守備)

左:青木宣親(新規加入)(守備が課題)

中:アンヘル・パガン(切込隊長)

右:ハンター・ペンス(変態的な実力)

 

新規加入選手はマギーと青木のみ

主な放出はカンフーパンダで親しまれていたパブロ・サンドバル(レッドソックス)とビーストことマイケル・モース(マーリンズ)

派手さはないけどつないでつないで一点を取るチーム構成か。

 

ここから日本に馴染みのある選手の紹介

 

・ケーシー・マギー(元楽天)

AJことアンドリュー・ジョーンズと2013年に楽天を日本一に導いたあのマギー。昨年はイチローの移籍先であるマーリンズでMLBでは珍しい繋ぐタイプの4番打者として

カムバック賞を受賞。

Casey McGehee Statistics and History | Baseball-Reference.com

 

・ライアン・ボーグルソン(元阪神、オリックス)

2007年〜2009年までの3年間を関西のチームを渡り歩いたボーグルソン。MLB復帰してからはジャイアンツ一筋です。2012,2014年にチャンピオンリングを獲得。

Ryan Vogelsong Statistics and History | Baseball-Reference.com

 

・ジョン・ボウカー(元巨人、楽天)

ボウちゃんの愛称で親しまれていたボウカーもジャイアンツ所属。マイナー契約なので頑張ってメジャーに昇格して欲しい。

John Bowker Statistics and History | Baseball-Reference.com

 

日本に馴染みのありそうな選手はこの3人。

MLBでも活躍を期待します。 

 

ジャイアンツの予想スタメン他はこちら↓


San Francisco Giants 2014-15 offseason

 

広告を非表示にする