野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

MLB通への道クリーブランド・インディアンズ編 キプニスは復活するのか?




スポンサードリンク


少しずつMLBプレーヤーを覚えたい。

MLBに詳しくなりたい!という方のためのコーナー。

今回からアメリカンリーグ中地区の紹介です。

 

中地区1球団目はクリーブランド・インディアンス

 

2014年のサイヤング賞投手コーリー・クルーバーが一番ホットな選手だろう。

Corey Kluber Statistics and History | Baseball-Reference.com

サイ・ヤング賞(サイ・ヤングしょう、Cy Young Award)は、メジャーリーグベースボールの賞のひとつ。ナショナルリーグアメリカンリーグのそれぞれから、その年に最も活躍した投手1人ずつが選出される。

昨年の今頃まさかクルーバーがこんなにも活躍すると予想してた人はほぼいなかったのではないだろうか。

インディアンスには残念ながら日本で有名な選手はいなかったのでこういった選手が出てくると少しは知名度が上がるのではないだろうか?

 

 

 次点の選手はセカンドのジェイソン・キプニスを推したい。

Jason Kipnis Statistics and History | Baseball-Reference.com

 

本来であれば昨シーズンに活躍してインディアンスの1番手としてキプニスを紹介したかったが期待はずれの成績に終わってしまった。

 

頼れるセカンドとしてこれからのインディアンスを背負うかと思われたが2年目のジンクスか怪我のせいか長打が激減し出塁率も悪化。

 

インディアンスのセカンドで3年固定されていたのはロベルト・アロマーまで遡る。

Roberto Alomar Statistics and History | Baseball-Reference.com

 

フルシーズン3年目の今年が試金石になる。

 

 

 

広告を非表示にする