読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

田中将大今シーズン初登板!4回73球5失点KO!

MLB 田中将大



スポンサードリンク


シカゴで幕を開けた2015メジャーリーグ

本日快晴のニューヨークで田中将大の2年目が始まる

 

日時:4月6日(現地時間)

対戦相手:対トロントブルージェイズ

球場:ヤンキースタジアム

天気:晴

 

【1回】

2015初球はスライダーから入りスプリットを連投しレイエスを3球三振で切って取る。

2番マーティンは3−1とボール先行でフルカウントから最後はスライダーでサードゴロ。

3番バティスタはスライダーで空振り三振。

初回はストレート(フォーシーム)が1球のみ。

【2回】

4番エンカーナシオンはスライダーで空振り三振

5番ドナルドソンも初球スライダーで入り2球目にスプリッターで追い込むと最後はスプリッターでサードゴロ

6番ナバーロは追い込んでからフォーシームを投げるが決まらず。フルカウントからスライダーをボテボテの三塁内野安打

7番ポンペイは軽く合わせたけど思いの外打球は飛びライトフライ

【3回】

8番ピラーはボール先行で4球目にレフト線を破られるがガードナーの好返球でシングル

9番トラビスはメジャー初打席。ここもボール先行で初四球。

1番レイエスは初球セーフティからサードの失策を誘い1人生還(0−1)

2番マーティンは右打ちでレフト前2人生還(0−3)

3番バティスタは追い込んでスライダーをレフトフライ

4番エンカーナシオンはツーシームをレフトスタンドに運ばれる(0−5)

5番ドナルドソンは遊ゴロ。

6番ナバーロは強烈な打球だったがセンター寄りに守ってたグレゴリアすがさばいて遊ゴロ。

長い攻撃が終わる。途中からブルペンも始動。

【4回】

7番ポンペイにも初球からボール先行。3球目にライトポール際へ大ファールを打たれるもスプリッターで見逃し三振。

8番ピラーはレフト前へクリーンヒット。すぐさま初球に盗塁。

9番トラビスはスプリットで3球三振。

1番レイエスは変化球を見極められ四球。

2番マーティンは2−2と追い込んでからカットされ続けフルカウントから空振り三振。

 

1回(14球/14球):空三振、三ゴロ、空三振

2回(16球/30球):空三振、三ゴロ、三安打、右飛球

3回(25球/55球):左安打、四球、三失策、右安打、右飛球、本塁打、遊ゴロ

4回(18球/73球):見三振、左安打、空三振、四球、空三振

 

5回マウンドに上がらずKOされた。

広告を非表示にする