読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

日本にも4割打者は誕生していた




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160201093646p:plain

 

マーリンズのディー・ゴードンが最近すごい。

Dee Gordon Statistics and History | Baseball-Reference.com

 

 

春はゴードンなる季語が出来そうな勢いで打率を高めで維持している。

127打数54安打で打率.425

 

この調子で行けるかどうかは分からないが責めて夏もゴードンと言いたいものだ。

 

さて、最後の4割バッターとして名を轟かせたのはボストン・レッドソックスのレジェンド

ことテッド・ウィリアムズ。

Ted Williams Statistics and History | Baseball-Reference.com

 

1941年に456打数185安打で打率.406を記録している。

 

MLBではこれ以降4割打者は出ていない。

 

日本では2014年まで4割打者は出ていない。

 

いや正確に言うとNPBでは。

 

独立リーグであるBCリーグでは

野原祐也が

2007年:274打数113安打で打率.412を記録。

 

日本女子プロ野球リーグでは

川端友紀が

2011年:155打数63安打で打率.406

2013年:130打数56安打で打率.431

三浦伊織が

2013年:140打数57安打で打率.407

2014年:104打数52安打で打率.500

 

3人も誕生している。

 

同一リーグ内でも実力の格差が大きく世の中では参考記録かもしれない。

それでも彼ら、彼女らの成績は素晴らしい。

 

それに負けじとMLB、NPBでは4割打者が出てくることがあるのだろうか?

 

夢は尽きない。

広告を非表示にする