読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【速報】田中将大今季6戦目VSナショナルズ

MLB 田中将大



スポンサードリンク


久々のヤンキースタジアムでワシントン・ナショナルズ戦

 

前回は追い込んでからスライダーと直球で組み立てたが今日はどうか。

初回、エスコバー、レンドンには追い込んでからスライダー、スプリット両方投げた。

スライダー、スプリットの順番。

ハーパーには追い込んでからスプリット、カッター、フォーシームと色々投げたが粘られる。最後はスプリットで二ゴロ。結果的に三者凡退だが球数がいきなり21球。

 

2回ジマーマンはグレゴリウスの好守備で遊ゴロ。ロビンソンは追い込んでからアウトローのフォーシームを見られるが最後はスプリットで空振り三振。ラモスは初球打ちで遊ゴロ。

 

3回デズモンドも追い込んでからコースのスライダーを見切られるがスライダーで空振り三振。ボールになったが内外うまく使っている。

 エスピノーザは追い込んでからスプリットで空振り三振。テイラーはセンターフライ。

 

初回の球数は少し多かったが三回パーフェクト。

 

4回から打者が二巡目に入る。初球をエスコバーにセンター前へ運ばれる。レンドンも初球打ちで併殺。ハーパーに2球目のフォーシームをバックスクリーンに運ばれる。

ジマーマンは二ゴロ。7球でこの回を終える。ナショナルズはこの回から早く打ちに来てる。

 

5回ロビンソンは簡単に追い込んでからスプリット、カッターと2球ファールされるが最後はアウトローのフォーシームで見逃し三振。ラモスには粘られるが二ゴロ。デズモンドは2球でレフトフライに仕留める。

 

6回エスコバーは初球をファーストゴロ、テイラーも初球打ちでライトフライ。トップに返ってエスコバー2球目をレフトへ二塁打。シフトのせいで通常ならヒットのところがツーベースに。しかし、続くレンドンは止めたバットに当たっただけのピッチャーゴロ。っハーパーの前で打線を切る。

 

7回は先ほどホームランを打たれているハーパーから。4球連続スプリッターでスリーバント失敗というよくわからない結果に。ジマーマンはコントロールミスで真ん中に入ったスライダーで見逃し三振。ロビンソンは3球連続スプリッターを投げるがセンター前ヒット。続くラモスへの初球がこの回初めてのファストボール。追い込んでからスプリットを見られフォーシームをライト前に運ばれる。デズモンドを初球センターフライで凌ぐ。

 

全体的に変化球が多くしかもスプリット。先日のスライダー主体とは配球が変わっている。キャッチャーの違いなのかベンチの戦略なのか。

 

7回被安打5無四球5奪三振1失点(自責点1)

 

1回(21球/21球):二ゴロ、中飛、ニゴロ

2回(11球/32球):遊ゴロ、空三振、遊ゴロ

3回(13球/45球):空三振、空三振、中飛

4回(7球/52球):中安打、遊併殺、本塁打、ニゴロ

5回(13球/65球):見三振、ニゴロ、左飛

6回(6球/71球):一ゴロ、右飛、左二打、投ゴロ

7回(16球/87球):空三振、見三振、中安打、右安打、中飛

 

広告を非表示にする