野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

野球を楽しむということ




スポンサードリンク


野球を楽しむということ。

 

大事なことのようだけどそうでない選手もいる。

 

ムネリンこと川崎宗則はいつも楽しんでいるようにみえる。

実際に心の底から楽しんでいるのだろう。

 

でもこういった選手ばかりではない。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

ヤクルトの名遊撃手だった宮本慎也氏の引退時の言葉

 

「う~ん。好きで始めた野球なんですけども、プロになった瞬間に仕事になって……。よく最近、“楽しむ”“楽しむ”というんですけど、僕は一回も楽しんだことはない。仕事として、真剣に向き合って、19年間、やってこられたところが誇れることです」 

 

一回も楽しんだことはないという。

とてもストイックな発言だ。

 

どちらが正解というのはないのだろう。

楽しんでいる選手でもそうでない選手でも一流選手はいる。

 

一般の会社員なども同じだろうな。

 

楽しんでやっているか否か。

 

やるからには楽しくやりたいと思うのが人の性(サガ)だという固定概念は通用しない。

 

色々なタイプの人がいる。

物事の考え方も捉え方も千差万別。

 

私自身は何事も楽しみたいけれど。

広告を非表示にする