野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

球界の世代交代




スポンサードリンク


浜のゴメスこと後藤武敏が2試合連続の代打本塁打を放ち久々に思い出した松坂世代。

 

主役の松坂が今シーズンから日本に戻ってきたけど一軍昇格は未定。

村田修一はスタメンを外れる日もあるほどの絶不調。

海を渡った和田毅は再びDL入り。

 

数え上げればきりがないほど寂しい話題が挙がってくる。

 

1980年生まれの35歳。

野球選手としてはベテランでここまで生き残っている選手のほうが少ないくらい。

 

主な選手では藤川球児、館山昌平、梵英心、渡辺直人、新垣渚、杉内俊哉、森本稀哲、久保康友、矢野謙次

 

時代を作ってきた選手たちが去ろうとしている。

入れ替わり一世を風靡しているのが88世代。

 

田中将大、前田健太、坂本勇人、澤村拓一、梶谷隆幸、吉川光夫、柳田悠岐、秋山翔吾、大野雄大などなど。

 

投打ともにこの世代がチームの主力。

 

球界全体で世代交代の波が迫ってきているのがありありと。

 

10年後には大谷、藤浪世代が圧巻しているのだろうか。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする