読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

MLBのようにヤクルトが補強をするとなると・・・




スポンサードリンク


海を超えたMLBは7月31日のトレードデッドライン間際ということもあり毎日のようにトレードが行われている。

 

大きなトレードはトロイ・トゥロイツキー(ロッキーズ)がホセ・レイエス(ブルージェイズ)を始め数件成立している。

ここでは多くを語るつもりもない。

 

トゥロイツキーとレイエスのトレードをNPBで表すと(表しにくいけど)インパクトとしては坂本(読売)と鳥谷(阪神)がトレードされるくらいな大きなもの。

 

ぜんぜん違うんだけどあくまでMLBに詳しくない人向けに説明するとってことで。

 

日本もデッドラインは同じなんだけど今のところ噂すら無い。

これは文化の違いなんだろう。

 

MLB風に考えてみると

NPBでいうとヤクルトなんかは久々に優勝が狙えそうな位置につけている。

そしてウィークポイントは先発投手陣及び外野手その次が勝ちパターンで使える中継ぎ。(外国人3枚以外に頼れるのがいないので夏場を考え)

 

このウィークポイントを優勝が難しくなったチームから引っ張ってくる。

このオフにFAとなる選手が比較的トレードされやすい。

 

なぜかというとあと半年で出てってしまう選手でこれから期待できる若手をもらえるならもらいたいしねんぽうも抑制したいから。

 

ただ、まれに見る混セということもあり売り手にまわる優勝を諦めたチームが見当たらない。

パリーグで楽天とオリックスくらいか。

 

そうすると楽天から聖澤(外野手)、青山(中継ぎ)この辺かなぁ。

 

この辺りの選手をヤクルトの期待の若手で取りに行き優勝を狙う。

ヤクルトの若手だと

奥村(内野手)、児山(先発)、原(外野手)あたりを差し出すことになるかな。

 

ヤクルト⇔楽天

奥村、児山⇔聖澤

 

こんなイメージ。

あくまでイメージ。

 

やっぱり球団が少ないから難しいなぁ。

 

 

広告を非表示にする