読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

悔し涙から嬉し涙へ 〜メッツのフローレス〜

MLB



スポンサードリンク


7月31日のトレードデッドラインを迎え今年も色々なドラマが巻き起こった。

 

実際にトレードは起きなかったがメッツのフローレスのことを少々。

 

米メディアでブルワーズへのトレードが報じられた23歳の内野手、メッツ・フローレスがパドレス戦に出場。七回の打席ではお別れのスタンディングオベーション。八回の守備では泣き出した。「ずっとメッツでプレーしたいと思っていた。だから感情的になってしまった」。ところが試合後、トレードは破談になった。

www.sanspo.com

 

MLBでは試合中にトレードが決まることもしばしばある。

twitterがある現在は記者がいち早くトレード情報をtweet。

 

今回、メッツのフローレスも試合中にブリュワーズのカーゴⅡ(私だけそう読んでるのかもしれない)ことカルロス・ゴメスとのトレードがtwitter上を駆け巡った。

 

ファンは打席に立つところで感謝の意を込めたスタンディングオベーション。

そして8回の守備では涙を見せる。

 

しかし、試合終了後にトレード破断の報が。

 

そういったドラマが生まれた2日後にそのフローレスがサヨナラHR。

トレードが決まっていれば今日はメッツのユニフォームを着ていなかったフローレスがサヨナラHRを打ったりするこのドラマが面白い。

 

www.sponichi.co.jp

 

 

広告を非表示にする