野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

森祇晶監督曰く『二戦目が重要』




スポンサードリンク


秋のロッテは世界一強いと言われるほどノリに乗っている。

クライマックスシリーズファーストステージの初戦。

 

ご多分に漏れずロッテが日本ハムに勝利。

ロッテ伊東監督の言葉

 

ポストシーズンの戦いを熟知している「経験の勝利」だった。伊東監督は西武の黄金時代の正捕手としてリーグ優勝14回、日本一を8回も経験。「とにかく初戦が大事」と繰り返してきた。

 

伊東監督は原型時代森祇晶監督のもと西武ライオンズの黄金時代を築いた名捕手だ。

森監督は『日本シリーズは2戦目が重要』という格言を残していた。

当時はクライマックスシリーズがなかったので短期決戦といえば日本シリーズのみ。

クライマックスシリーズは2戦先勝だがそこはやはり『初戦が大事』となるのだろうか。

 

伊東監督は勝ち進んだ際に『初戦が大事』なのかそれとも森監督の教えを踏襲して『二戦目が重要』と話すのだろうか。

 

headlines.yahoo.co.jp

広告を非表示にする