読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

山田、柳田は40-40は目指せるか?




スポンサードリンク


賛否両論ありながらもトリプルスリーが流行語大賞にも選ばれ山田哲人、柳田悠岐は時の人となった。同一年度に2人が達成するのは2リーグ制初年度の1950年以来65年ぶりのことである。ちなみにこの1950年はもしかしたら5人のトリプルスリーが生まれたいたかもしれなかったことはあまり知られていない。

小鶴誠 .355/51本/28盗塁
青田昇 .332/33本/29盗塁
川上哲治.313/29本/34盗塁

5人のトリプルスリーが達成していたかもしれないというのはびっくりです。


トリプルスリーとは?おさらいです。

 

ところでトリプルスリーとは何か?打率3割以上本塁打30本以上盗塁30個以上を同一年度に達成することで過去に8人が達成しており山田、柳田を加えて10人となった。過去に首位打者との同時獲得はおらず柳田が初。そして盗塁王との同時獲得もおらずこれまた山田が初。ちなみに本塁打王との同時獲得は山田が3人目。(別当、中西が過去に獲得)MLBでは試合数の違いがあるが数多く達成者がおり22人に26回も記録されています。過去最多はバリー・ボンズの3回達成です。


さらなる高みは40-40

 

MLBでは40本40盗塁という大記録を達成している規格外の化物もいる。
ホセ・カンセコ:42本40盗塁
バリー・ボンズ:42本40盗塁
アレックス・ロドリゲス:42本46盗塁
アルフォンソ・ソリアーノ:46本41盗塁

 

パワーとスピードを兼ね備えたバケモノではあるが違う意味で有名になってしまっている選手が多い。ナチュラルではやはり難しいのだろうか。

 

この高みに届いた日本人はまだいない。
秋山幸二前ソフトバンク監督が43本塁打38盗塁と近づいたのがもう20年ほど前のことだ。それ以降は惜しいと騒がれたことすら無い。来年以降の山田と柳田がどこまで近づくのか楽しみです。

 

NPBのトリプルスリー達成者

 

1950年岩本義行 .319/39本/34盗塁
1950年別当薫  .335/43本/34盗塁(本塁打王)
1953年中西太  .314/36本/36盗塁(本塁打王)
1983年簑田浩二 .312/32本/35盗塁
1989年秋山幸二 .301/31本/31盗塁
1995年野村謙二郎.315/32本/30盗塁
2000年金本知憲 .315/30本/30盗塁
2002年松井稼頭央.332/36本/33盗塁
2015年山田哲人 .329/38本/34盗塁(本塁打王・盗塁王)
2015年柳田悠岐 .363/34本/32盗塁(首位打者)

 

 

山田哲人 東京ヤクルトスワローズ (スポーツアルバム No. 51)

山田哲人 東京ヤクルトスワローズ (スポーツアルバム No. 51)

 

 

山田哲人 東京ヤクルトスワローズ 2016年 カレンダー 壁掛け B2

山田哲人 東京ヤクルトスワローズ 2016年 カレンダー 壁掛け B2

 

 

 

広告を非表示にする