読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

とてつもなく早い2016先発ローテーション予想〜埼玉西武ライオンズ〜先発は揃った。あとは中継ぎ陣次第!

NPB 予想



スポンサードリンク


f:id:cut12:20160203190114p:plain

各チームの開幕スタメン予想をしたところで次は投手陣の予想を始めます。
第9回は埼玉西武ライオンズ
 

 

まずは昨年先発投手の先発試合数と先発勝利数
十亀:24試合11勝
野上:22試合7勝
菊池:21試合9勝
牧田:21試合9勝
郭:17試合3勝
岸:16試合5勝
高橋光:8試合5勝
ルブラン:8試合2勝
岡本洋:4試合1勝
西口:1試合0勝
佐野:1試合0勝
 
 
岸が離脱、牧田はリリーフと兼任、菊池も出遅れと大変な台所事情だった2015年。希望は西口の後継者と言われている高橋光成か。2016年は岸、牧田、菊池、十亀、野上、高橋光と枚数は揃った。そしてドラフトでも6名の投手を指名。ドラフト1位の多和田は怪我も癒えておりローテーションに入る可能性も高い。新外国人のバンヘッケンも侮れない。
 
岸が開幕を投げその後は牧田、野上、菊池、十亀、高橋光の順番なのだろうか。怪我がなければ野上はリリーフに周りバンヘッケンがローテ入りの可能性もある。十分すぎるほど枚数が揃っている感がある。
 
問題は中継ぎ陣。クローザーの高橋朋己が怪我で離脱していたが開幕から投げることはできるだろう。セットアップ候補は増田、武隈、新外国人CCリー。岡本洋介と手術明けの岡本篤志が便利屋の位置。長年の悩みである西武の中継ぎ問題は改善されるのだろうか。

 

 

広告を非表示にする