野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160227読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズOP戦〜関東開幕戦〜




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160227233428j:image

 
2016年の関東開幕戦
 

 

読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズ(OP戦)
 
2016年2月27日
 
石川が菅野からタイムリーを打ったあの日からちょうど5ヶ月。
東京ドームに熱気が戻ってきた。
 
OP戦ということもあり試しながらの実践か。
 
気づいた点を幾つか
 
【読売ジャイアンツ】
 
マシソンは4回頃から明らかに球威が落ちていた。初回はバシバシと150km/h超を投げていたのに140km/h前後の球が多くなる。球場で見てると変化球を多投しているのかと錯覚。スタミナ配分が課題になってくる。
 
内海はこんなに球遅いの!?
 
話題の重信の打席。1打席目から初球POP。2打席目はライトファールフライ。噂通り内角を突かれると厳しいというのは本当のようだ。そして守備は打球判断が悪い。フライの追い方、取り方が怖い。守備で足を引っ張りそうにな予感がする。ただし、終盤のスライディングキャッチはお見事。
 
ギャレットはヒット2本と順調だがこういう打撃を求めて獲得したはずではないのでは?まだまだ本調子ではないだろうから判断はしないけど大きいの狙わないと怖さがない。
 
岡本の守備はうまくなってる。
 
【東京ヤクルトスワローズ】
 
山田、川端は毎年春先は良くないのであまり気にしてない。
 
走塁の意識が非常に上がっており次の塁を目指す姿勢が顕著に見られた。
ただ、サードランナー時の山田はボーンヘッド。セカンドゴロで突っ込むべきだったと思う。
コーチが止めているようには見えなかった。
 
畠山がいないだけで一気に戦力が下がる。
畠山がいない時のファーストをどうするか考えなくてはいけない。
武内、森岡ではちょっと弱い。
荒木はダメなのか?
 
山崎は今浪みたいな感じになりそうな予感。
 
成瀬は開幕ローテに入ってくるでしょう。
山中は厳しいけどチャンスはありそう。
竹下は当分戸田でがんばってください。
 
 

f:id:cut12:20160227233432j:image

 
移籍してきた鵜久森

f:id:cut12:20160227233507p:plain

 
〜試合結果〜
読売ジャイアンツ4−2東京ヤクルトスワローズ
勝 マシソン
負 山中
S 内海
本 小林(読売)
 
〜観戦試合数〜
2016年1戦目
トータル82戦目(2014年からカウント)
 
 
 
広告を非表示にする