読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

日本でも普及してほしい1日契約




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160305211723j:image

 
 
山本昌が中日ドラゴンズと1日契約を結び引退試合を行った。
 

 

1日契約はMLBだとよくある契約方法でレジェンドと文字通り1日だけ契約を結び引退式を行ったりコメディアンと契約してみたりMLBデビュー戦でデッドボールを受けその後復帰できなかったグリーンバーグと契約したり様々なパターンがある。
 
日本人だと松井秀喜氏がヤンキースと1位契約をしてセレモニーを行ったのが有名だ。
MLBファンならガルシアパーラが思い浮かぶかもしれない。
 
この1日契約は日本でももう少し普及してもいいのではと思う。
日本では今回の山本昌と2014年の山崎武司くらいだろうか。
 
偶然なのか必然なのか二人とも中日ドラゴンズだ。
 
引退試合をシーズン終盤に行うのではなくオープン戦を使って行う。
もしくは引退した翌年のホームゲームでセレモニーを行う。
 
こういった形がスタンダードになるとクライマックスシリーズ争いに水を差すこともなくなるだろう。
偉大な選手の引退には敬意を払うべきだがシーズン中の公式試合内で引退試合を行うことはない。
 
ホーム最終戦の試合後にセレモニーなどはいいけど初回1イニングだけ試合に出るなどはちょっとあれ。
 
2016年シーズンもユニフォームを脱ぐ偉大な選手がいると思うが公式戦に水を差すことを泣く2017年に1日契約で引退試合やセレモニーを行ってほしい。
 
広告を非表示にする