読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

プロ野球賭博問題現状のまとめ〜高木京介とナベツネ他




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160310215438j:image

 
3月8日の夜に読売ジャイアンツが緊急会見を行ってから慌ただしい。
 

 

3月9日には高木京介選手が単独で会見を行った。
 
最近ニュースで知った人は現状の流れがわからない人のために大枠をまとめてみたいと思う。
 
時系列でまとめると
 
2015年
9月30日・・・不動産会社元社員が読売ジャイアンツ球場の福田選手へ取り立て
10月5日・・・巨人球団が福田選手、松本選手、笠原選手が野球賭博に関与していたことを発表
11月9日・・・巨人球団が福田選手、松本選手、笠原選手の契約を解除する方針と発表
11月10日・・・NPBより巨人球団に制裁金1000万、当該3選手に無期失格処分との裁定が下される
11月10日・・・巨人球団は当該3選手と契約解除、原沢敦専務取締役兼球団第条が引責辞任と発表
11月10日・・・巨人球団は桃井恒和会長、久保博社長の取締役報酬50%返上と発表
11月10日・・・巨人球団は渡邉恒雄最高顧問、白石興二郎オーナーの2ヶ月間取締役報酬全額返上と発表
 
2016年
3月8日・・・巨人球団が高木京介選手の野球賭博関与を発表
3月8日・・・巨人球団が渡邉恒雄最高顧問、白石興二郎オーナー、桃井恒和会長の引責辞任を発表
3月9日・・・高木選手が会見
 
野球賭博は単純に賭け事だからダメと言う単純なものではない。
 
1,反社会的勢力との付き合いがNG
2,八百長を行う事ができるということでNG
 
そして刑法では
 
刑法185条
 
賭博をした者は、50万円以下の罰金または科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物をかけたにとどまるときは、この限りではない。
 
刑法186条
 
常習として賭博をしたものは、3年以下の懲役に処する。賭博場を開帳し、または博徒を結合して利益を図ったものは、3月以上5年以下の懲役に処する。
 
と定められています。
 
185条に
”ただし、一時の娯楽に供する物をかけたにとどまるときは、この限りではない。”とありますがこれは金銭はダメだけどジュースとかご飯ならOKという判例が出ています。
 
金銭は1円でもダメということです。これは野球賭博にかかわらず麻雀だろうが他のギャンブル全般に言えることです。
 
これからどうなるのかはわかりませんが週刊文春のペンの力で大きく動かされそうな気配。
今年の開幕である3月25日の前日3月24日が発売日というのも何かの因縁でしょうか。
 
続報を待ちたいと思います。
広告を非表示にする