読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

ルーキーたちの開幕戦はどうだった!?




スポンサードリンク


 

f:id:cut12:20160326174046j:image

 
 
開幕戦が終わり勝敗や個人成績に一喜一憂する半年が始まった。
 

 

2016年の開幕戦に出場したルーキーたちの結果を見てみたい。
 
出場したのは8名で結果は下記のとおりだ。
 
福岡ソフトバンクホークス:なし
北海道日本ハムファイターズ:横尾(1-0)
千葉ロッテマリーンズ:なし
埼玉西武ライオンズ:なし
オリックス・バファローズ:吉田(5-2)
東北楽天ゴールデンイーグルス:茂木(4-0)、オコエ(代走)
 
東京ヤクルトスワローズ:なし
読売ジャイアンツ:なし
阪神タイガース:高山(4-1 1失策)
広島東洋カープ:オスカル(2/3回 無失点)
中日ドラゴンズ:なし
横浜DeNAベイスターズ:柴田(2-1 2打点)、戸柱(3-0)
 
高卒ルーキーはオコエのみ。
仙台開幕でお披露目的な意味合いもあるのかもしれないが意味のある代走だった。特典には結びつかなかったものの大声援を浴びたのはお声の持っているスター性故なのか。
 
ベイスターズの柴田はいきなり決勝タイムリーを放つなど二塁のレギュラーを確保と言ってもいいのだろう。昨年もルーキー倉本が遊撃のレギュラーを張ったがルーキーイヤーでレギュラーを取れるというのはそれだけチームの層が薄いということの裏返しでもある。特に二遊間が新人と二年目というのは喜ばしくもあり辛いところでもあるだろう。今後の柴田、倉本コンビに注目したい。
 
 
唯一の投手は広島のオスカル。チームは違うとはいえブラジルの4番ユウイチが引退した翌年に入団するとは何の因縁だろうか。中継ぎとして定着を期待する。
 
高山、吉田、茂木の大学クリーンアップトリオはそれって開幕スタメンデビューを果たした。茂木にはヒットが生まれなかったがその代わりに2人が手に出来なかった勝利を手に入れることができた。
 
開幕戦以降も続々とルーキーたちが登場するだろう。
一生に一度しかないルーキーイヤーに輝くことができるのは誰だろうか。
 
一年間見守りたい
 
 
 
広告を非表示にする