野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160330東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガース




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160330234711j:image

 
2日連続の神宮球場観戦

 

 
最後の最後まで新人桜井を見にハマスタに行こうか悩んで神宮にしたのが結果的に大正解だった。
 
デーゲームのQVCも行けばよかったとも思ったがダブルヘッダーはまた次回だ。
 
気づいた点を幾つか
 
【東京ヤクルトスワローズ】
 
成瀬がゴロPになったという噂はほんとうだった。
昨年の成瀬はFB%49.8%だったが今日は6回18アウト中4つ。ゴロが8つ。まだ1試合だがこの辺の数字は見守っていきたい。
 
杉浦はセットアップとして7回を投げるのは大丈夫そうだ。
 
 
高津コーチによると肩を作らない日を設けているとの事だったが秋吉は特別枠で毎日作っているのではないだろうか。9回に徳山がバタバタし始めるとすぐにオンドルセク、秋吉が準備し始めた。
 
9回に徳山がマウンドに登った後も久古がブルペンで肩を作っていた。3番ヘイグに打たれたら左の福留の場面で出すのかと思ったが出さなかった。しかし、福留四球、ゴメス本塁打で結局鳥谷のところで登板。対左なら昨年同様安心だ。逆に言うと右には使えないということ。今年もワンポイントだろう。
 
秋吉が今日も投げた。球速が出てないのがちょっと気がかり。故障しているのかと思うくらいスピードが出ていない。
 
 
新ゴロP成瀬だからというわけではなく左腕の岩田相手だからショートは大引を起用。これもはまった。守備も安定していたし打撃もよかった。大引がいると守備が引き締まる。途中交代したのが心配だが西浦、今浪より明らかにレベルが上なので軽症を祈りたい。
 
レフトに入った鵜久森が本塁打とショート内野安打。本塁打は4年ぶり。守備も不安だがまぁ何とかなった。済美の4番が戻ってきた感じだ。明日以降はどうするのか。バレンティンが戻ってくるまで鵜久森でいいと思うが。レフト坂口センター上田なのだろうか。上田もヒット打ったしね。
 
畠山は最終打席でようやく打点を上げた。チャンスでことごとく凡退してたので気になっていたが何とか形になった。畠山にチャンスが回ってくるということは打順は悪くないといいうことだ。
 
代打の田中浩康、森岡はそろそろきついかな。
 
【阪神タイガース】
 
高山、横田の若虎1,2番をいつまで我慢するのだろうか。オープン戦と公式戦は違う。金本監督は投手交代もそうだが我慢することが多く見られる。
 
ヘイグ、福留、ゴメスというクリーンナップの並びはうまくいっている。相手投手は投げづらいだろう。
 
投手起用に関しては昨日の藤浪もそうだが今日も6回の岩田から鶴への継投は明らかに遅い。5回まで岩田が好投していたのならわかるが結果的に点が入ってなかっただけで毎回安打を許していた。1,2番が左の坂口、川端だからそこで抑えられればという思惑もあったのだろう。
 
 
 
坂口と鵜久森のキャッチボール
 

f:id:cut12:20160330234714j:image

 
 
今日も秋吉
 

f:id:cut12:20160330234719j:image

 
 
期待の北条
 

f:id:cut12:20160330234722j:image

 
 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ8ー4阪神タイガース
勝 成瀬 1勝
負 岩田 1敗
本 
(神)ヘイグ1号(成瀬)、ゴメス3号(徳山)
(ヤ)鵜久森1号(岩田)、中村1号(岩田)
〜観戦試合数〜
2016年6戦目
トータル87戦目(2014年からカウント)
 
 
広告を非表示にする