野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160408横浜DeNAベイスターズ対東京ヤクルトスワローズ




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160409003948j:image

 
今シーズン公式戦では初めてハマスタに訪れた。
 

 

横浜のファンクラブ特典を駆使し特典チケットで三塁側へ。
本日はヤクルトのビジターでーでもあったのでヤクルトのポイントもゲット
 
DJが外国人に変わったりスコアボードのフォントが変わったり変化はあったな。
 
気づいた点を幾つか
 
【横浜DeNAベイスターズ】
 
筒香の逆方向への本塁打を見て今年は去年以上の成績を残しそうだなと感じた。たまたまかも知れないが筒香の本塁打はライナー性のライト寄りの本塁打しか見たことがなかった。しかし、本日はレフトへふわりと落ちるような本塁打。逆方向も意識しているのがよくわかった。
 
石川が今日からスタメンに復帰していたが下で出ていないのかと思うくらい調整不足に感じられた。もう少し打つ方をしっかりとやった方がいいのではないだろうか。
 
荒波の5番は悪くないように思える。筒香のプロテクトとしては弱いのかもしれないが1番を打たせないのであれば5番でいい気がする。個人的な理想としては1番荒波、2番梶谷、3番筒香、4番ロペスなのだが。
 
戸柱のエラーに泣いた。その直後の球を雄平が見逃さない。井納はその1球。7回のピンチも山田を打ち取るなど出来は悪く無い。勝ち星が伸びるかは打線次第といったところか。
 
日本ハムからやってきた藤岡のお披露目。いい当たりを打たれていたが結果三者凡退。勝ちパターンの7回あたりを任せてもいいのではないかと思う。ライトがロマックだったら先頭の上田は2ベースだったかもしれない。
 
【東京ヤクルトスワローズ】
 
チャンスで打てないというのが続いている。雄平がたまたま仕留めたのでよかったが得点圏での攻め方を考えたほうが良いかもしれない。
 
今浪の守備がまずい。一点目は深追いしすぎて結果取れずにヒット。バレンティンに取らせてもタッチアップできなかったのではないかという位置の飛球。神宮でも同じようなことがあった。そのときは失点には結びつかなかったが今浪は深追いするくせがあるのだろうか。また、取れそうな当たりを簡単に抜かれるなど大引とは比べられない。
 
ペレスがインフル明け初登板。荒波にヒットを打たれたものの桑原を注文通りのゲッツー。左で148km/hはなかなか打てないのではないだろうか。
オンドルセクも初セーブシチュエーションで無難に抑えた。今年も外国人の救援陣に頑張ってもらうパターンがいいと思う。
 
ヤクルトは現在防御率も悪いが外国人トリオのルーキ、ペレス、オンドルセクは打たれていない。秋吉も開幕カード以降は打たれていない。打たれている、というか四球で点を取られているのは徳山、杉浦、古野だけだ。昨年より落ちているかもしれないが救援陣は投壊していない。先発が足りないのがネックなのだ。デイビーズをどうするかはわからないがルーキ、ペレス、オンドルセク、秋吉時々久古で後ろを固めて小川、原以外は6回をなんとか投げきるという昨年のスタイルが一番勝てるのではないだろうか。
 
 
筒香のお祈り?初回守備に付く前のポーズ
 

f:id:cut12:20160409003952j:image

 
 
復帰した石川内野手
 

f:id:cut12:20160409003956j:image

 
 
噂のホットドッグ
 

f:id:cut12:20160409004000j:image

 
 
〜試合結果〜
横浜DeNAベイスターズ2ー3東京ヤクルトスワローズ
 
勝 小川2勝1敗
負 井納1勝1敗 
S オンドルセク1S
本 
(ヤ)雄平1号(井納)
(横)筒香4号(小川)
 
〜観戦試合数〜
2016年12戦目
トータル93戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする