読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

斎藤佑樹対オコエ瑠偉の新旧スター対決




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160422233704j:image

 
この写真は昨年のモノ
 

 

 
二軍で行われた日本ハム対楽天の試合で斎藤佑樹対オコエ瑠偉という甲子園を沸かせた二人の対決があった。
 
斎藤佑樹が甲子園を沸かせたのは平成18年だ。もう10年も前になる。オコエは平成27年。約10個年が離れた新旧スター対決。結果は4打数1安打で斎藤佑樹に軍配が上がった。
 
斎藤佑樹は二軍戦で5試合に投げ0勝3敗防御率6.00といよいよ背水の陣だった。しかし、本日は9回完投1失点とまずまずのピッチングを披露したようだ。こうなると評価が難しくなる。日本ハムの一軍投手陣も怪我人が多いため本日のような結果を残し続ければ一軍で登板する機会はそう遠くない日に訪れるだろう。甲子園のヒーローだけあり持っているスター性は別格だ。今のプロ野球は予告先発ということもあり斎藤佑樹が先発するとなれば大谷翔平とまでは行かなくてもそこそこは動員できるのではないだろうか。どこまで復活しているのか私も見てみたいと興味をそそられるのは間違いない。
 
 
対するオコエ瑠偉もスター性は抜群だ。オープン戦の横浜スタジアムでオコエを見たがビジターゲームにもかかわらず声援は一番と言っていいほど大きかった。まだ、高卒一年目ということもあり結果はそこまで求められていないのは確かだが来年、再来年になるとそうは行かない。オコエにとって今の二軍戦は単なるブームで終わらせないための試金石だ。幸い真面目なようなのでサボったりすることはないだろう。客が呼べる打者は今の楽天にはいない。その可能性を秘めている若手もオコエだけだ。オコエの成長に期待したい。
 
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする