読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160423埼玉西武ライオンズ対東北楽天ゴールデンイーグルス




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160424151025j:image

 
始球式は棚橋弘至
 

 

楽天のビジター応援デーとなった4月23日の西武対楽天戦
一塁側の入場口を入った所に楽天のファンクラブブースがあり迷うこともなくポイント、ピンバッジを手に入れることができた。土曜だからなのか長蛇の列となっていたのはびっくりだ。
 
気づいた点を幾つか
 
【埼玉西武ライオンズ】
 
バンヘッケンは今回も結果を出せず。二軍で高橋光成が良い投球をしたこともあり降格ではなかろうか。
内野守備、バッテリーエラーとかつての西武ライオンズでは見られなかった簡単なミスが続き失点を重ねる。中継ぎ陣も出れば打たれるの繰り返し。前夜のデジャブかと思うほどだ。
 
浅村が復調気味なのはいい兆しだろう。
おかわりは代打でしっかりと結果を出すのは流石だ。
 
牧田はいつまで便利屋なのだろうか。他に信頼できる投手がいないのはわからなくもないが。
 
【東北楽天ゴールデンイーグルス】
 
ドラフト2位のルーキー吉持が茂木に代わりショートで先発。相手投手が左腕だったからだろう。しかし、バント失敗、守備のミスなどまだまだ一軍レベルではない。大卒の即戦力ルーキーデコレではちょっと寂しい。
 
安楽は150km/hが出るまで状態は回復。ランナーを出した後連打されるところが目立った。もう少し修正は必要だが近いうちにローテーションに入ってくるだろう。
 
中継ぎ陣は松井、福山以外信頼が置けない状況だ。戸村は結果的に抑えたが先発のほうが結果を残せそう。1回を無失点というタイプではなく5回3失点といったヤクルトの杉浦みたいなイメージだ。
 
松井裕樹は言うことなし。先日の吉村ショックはもう無いだろう。 
 
勝てる試合を中継ぎで落としてしまったが負けなかったのでよかっとといったところだろうか。
 
 
試合は5時間近くに及ぶ締らないゲーム。ヒットは多く両軍合わせて31本出たが決して面白い試合ではなかったと思う。(個人的感想)
 
はしゃぐウィーラー
 

f:id:cut12:20160424151018j:image

 
 
安楽はフォームがぎこちない
 

f:id:cut12:20160424151022j:image

 
 
 
〜試合結果〜
埼玉西武ライオンズ8ー8東北楽天ゴールデンイーグルス
 
勝 
負 
S 
本 
(L)浅村2号(安楽)
(E)
 
〜観戦試合数〜
2016年21戦目
トータル102戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする