野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160430東京ヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツ




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160430234107j:image

 
4月最後のゲームも当然のように神宮で観戦
 

 

昨日は寒かったけど今日は風があまりなく寒くはなかった。GW中のジャイアンツ戦ということもファンは多かったライトスタンドはほぼ埋まっていたのではないだろうか。
 
気づいた点を幾つか
 
【東京ヤクルトスワローズ】
 
小川が立ち上がりぴりっとしない。ボール先行でフォークが見切られる。簡単に見逃されていたのは何か対策されていたのだろうか。後半になるとフォークを振らせることができたためかリズムを取り戻した。圧倒的な投球はできなくても7回3失点の投球ができるのは凄い。
 
ルーキ、オンドルセクはパーフェクト。
秋吉を温存できたのは大きい。明日は原だから継投策が早めになる可能性が高い。秋吉を温存できたことと翌日休みということがプラスに働けば良い。
 
バレンティンが初回に2ランを放ち逆転するもその後が続かない。毎回のようにランナーは出すが今村に抑えられる。ストライク先行の投球をされるとなかなか崩せない。
 
7回に山口が出てきたところで代打田中浩康、飯原誉士とベテラン勢二人で試合をひっくり返した。飯原のホームランはよく打ったな。という当たり。
 
川端が不調かと思ったが2本安打を放ったので一安心。あとは雄平か。
 
小川のバント失敗がもったいなかった。勝てる投手は自援護や犠打をしっかり決める最低限のことをできている。小川も去年粘りに粘って菅野から四球を奪ったことを思い出そう。
 
【読売ジャイアンツ】
 
今日も2番片岡。初回に片岡の安打、盗塁から1点を先制。これができるといいね。
 
クルーズが戻るまではこのパターンで行くだろう。
 
代打陣の層の薄さは勝負どころを鈍らせるかもしれない。高橋由伸、井端、アンダーソンといた昨年から脇や、松本、相川では迫力不足は否めない。
 
先発今村は凄みは感じなかったけどストライク先行の投球でうまくまとめた。ストライク先行の投手は今後期待できると思う。
 
勝ちパターンの山口で負けは痛い。とはいうものの飯原に打たれた球は悪い球ではないと思う。飯原を褒めるべきだろう。その前の田中浩康へのボールのほうが甘かった。
 
各球団怪我人や中継ぎ崩壊、先発崩壊と様々な問題を抱えており今年も混セが予想される。どこがぬけ出すのか興味は尽きない。
 
 
 
きっちりバントを決めた今村
 

f:id:cut12:20160430234117j:image

 
小川はバント失敗
 

f:id:cut12:20160430234121j:image

 
 
代打浩康もツーベース
 

f:id:cut12:20160430234111j:image

 
 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ4ー3読売ジャイアンツ
 
勝 小川3勝1敗
負 山口2敗
S オンドルセク7S
本 
(S)バレンティン6号(今村)、飯原1号(山口)
(G)坂本6号(小川)
 
〜観戦試合数〜
2016年26戦目
トータル107戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする