読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160508千葉ロッテマリーンズ対オリックス・バファローズ




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160508204854j:image

 
中6日での野球観戦

 

今シーズン一番間隔が空いていたのか。今日はもともと決めていたQVCマリンフィールドへ。暖かくて気持ちの良い絶好の観戦日和。
今日の目的はもちろん配布のヘルメット。これでヘルメットは3つになった。
 
気づいた点を幾つか
 
【千葉ロッテマリーンズ】
 
先発は大嶺祐太だったが伊東監督はなんと2回で諦めた。明日が月曜日で中継ぎをフル動員できる目算あったからだろう。それがピタリとハマりヒットは許すものの点を与えなかった。
 
打線は西の前に沈黙。2回にスクイズと内野ゴロの間に点を奪ってからは7回までチャンスはなかった。8回に四球からチャンスを作り角中のあわやホームランの3ベースで2点取って勝ち越し。少ないチャンスを物にしてしっかり抑える。理想の勝ち方。
 
5安打で4点を奪ったがスクイズ、内野ゴロの間の1点、タイムリースリーベースとキッチリしている。
 
ナバーロを初見。打撃も守備も低調。守備が怠慢にみえた。併殺は取れなかったがサードからの球を一塁に転送するスピードは速かったけどそれ以外は穴になりそう。伊東監督はどこまで我慢するか。暖かくなってから打てるようになればいいがそうならない時の伊東監督の決断に注目したい。
 
【オリックス・バファローズ】
 
初回、2回と大嶺から3点をとるがその後の小刻みな継投の前にランナーは出すものの得点できず。
 
西野が5打数5安打、糸井も4安打と気を吐いたが追加点が奪えない。この試合の盗塁で糸井は通算200盗塁達成。
 
痛かったのは駿太の送りバント失敗でゲッツー。そして9回の小田のバント失敗からの空振り三振。こういったミスが続くと勝てないという典型に見えた。
 
西は尻上がりに調子を上げたが8回に力尽きる。結果論だけど7回でお役御免で良さそうだったが中継ぎが疲労困憊だから続投だったのだろうか。
 
 
 
5打数5安打の西野
 

f:id:cut12:20160508204858j:image

 
 
ヒーローになった角中
 

f:id:cut12:20160508204902j:image

 
 
ヘルメットが3つになりました
 

f:id:cut12:20160508204908j:image

 
 
〜試合結果〜
千葉ロッテマリーンズ4ー3オリックス・バファローズ
 
勝 松永1勝
負 西2勝4敗
S 西野2勝1敗9S
本 
(S)
(G)
 
〜観戦試合数〜
2016年28戦目
トータル109戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする