読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160511東京ヤクルトスワローズ対広島東洋カープ




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160511222932j:image

 
雨の予報はなくなリ予定通り試合開始。

 

 
程よい風が心地よい神宮球場。
日程はどうにかならないものなのか。先々週にヤクルト対広島を火水木で行1週空いて今週も火水木、そして来週も火水木で広島対ヤクルト。日本式の中6日だと同じ投手の戦いになり面白くないんだよなぁ。
 
気づいた点を幾つか
 
【東京ヤクルトスワローズ】
 
石川は1回に点を取られたもののその後は危なげない投球。やはり神宮の石川は頼りになる。石川のような軟投派はホームランを打たれやすいので神宮は普通に考えると不利だと思うがなぜか勝てる。もちろん援護が多いというのもあるがそれ以外にも何かあるのだろう。マウンドの傾斜があうのだろうか。
 
後を受け継いだオンドルセクもピシャリと抑える。昨シーズンから34試合連続無失点を継続中。日本記録は藤川球児の38試合連続。さてさて。
 
打撃陣は野村の前に沈黙していたが8回に爆発。下位が打つと火ヤク庫が爆発する。上位陣だけでは点を取ったとしても爆発はしない。中村悠平のバントがうまかった。
 
今浪もストレート狙い撃ち。お見事。お立ち台の滑り芸までお約束。
今日の勝ちは大きい。明日は5割の壁に挑む。
 
【広島東洋カープ】
 
野村が素晴らしい。前回の登板も見ているがそれに匹敵する出来だ。1回ピンチを招くも7回まで1安打投球。8回に崩れたがナイスピッチングには変わりない。
 
カープ打線は絶好調だ。田中、菊池、丸と出ると厄介な打者が並びその後に新井さん、エルドレッド、そして神宮でめちゃくちゃ打ってる鈴木誠也。左の石川が先発ということもあり松山は代打待機。今日は最後の打者となったがチャンスで出てきたら松山は怖い。鯉のアンパンマンというニックネームに似合わない怖さだ。
 
ジャクソンが誤算。あの場面で左の中継ぎで頼れるのはたしかにいない。江草と佐藤祥ならジャクソンか。
 
カープも中継ぎ陣の整備が必要なのだろう。ルナが戻ったらヘーゲンズかジャクソンが落ちる。そうなると中崎、今村、外国人で後ろを回すだろうがさてさて。大瀬良はどう使われるだろうか。
 
 
 
カツオ
 

f:id:cut12:20160511222935j:image

 
 
菊丸
 

f:id:cut12:20160511222940j:image

 
 
8回裏の広島前進守備
 

f:id:cut12:20160511222943j:image

〜試合結果〜
東京ヤクルトスワロー5ー2広島東洋カープ
 
勝 石川4勝4敗
負 野村4勝2敗
S オンドルセク8S
本 
(S)
(C)
 
〜観戦試合数〜
2016年30戦目
トータル111戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする