野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160512東京ヤクルトスワローズ対広島東洋カープ




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160512235230j:image

 
カープ3連戦の最終戦

 

19時には外野自由はほぼ満席。ユニフォームを配っているのかと思うくらいの客入り。最上段のスペースで観戦。
 
気づいた点を幾つか
 
【東京ヤクルトスワローズ】
 
小川は四球から失点するといういつものパターンで初回に2点ビハインド。2試合連続で初回に2失点。全体的に四球が多くエースの投球はできなかった。その後を受け継いだ松岡、ルーキ、オンドルセク、秋吉が無失点リレー。ルーキは危なかったが後は危なげない。
 
オンドルセクは35試合連続無失点。
 
7回にバレンティンのホームランで1点差に追いつき8回に今浪の四球から坂口も粘って四球。ここで今浪の代走で出ていた比屋根がサードへスチール。ここで川端の内野ゴロの間に比屋根が返って同点。
 
今日も8回に点が入る。一打逆転のチャンスになるがバレンティンは最悪のファールフライ。ここで畳み掛けらないのがいま一歩。
 
延長10回は中村ツーベースから比屋根が送って坂口が犠牲フライ。坂口の当たりが浅くどうかと思ったがゆうゆうセーフ。苦手の広島に2勝1敗。来週もこのカードがあるのは日程的にどうかと思うがまぁしょうがないか。
 
【広島東洋カープ】
 
制球の定まらない小川から1,2回に3点を奪うがその後は点を入れられず。ヤクルト投手陣の前にヒットは出るものの要所を締められた。
菊池は内野安打でも2日連続ヘッドスライディング。ケガを考えるとどうなのかと思う。
 
松山がスタメンだと代打にエルドレッドがいるのは脅威だ。松山、新井、エルドレッドのローテーションなら休みながら回すとシーズンを乗りきれるだろう。
 
九里はナイスピッチング。しかし、ヘーゲンズ、ジャクソンのリリーフ陣が共に1失点。ジャクソンは3連投の影響が出ているのかもしれない。
 
最後は今村が2イニング目に捕まった。
 
 
代打エルドレッド
 

f:id:cut12:20160512235234j:image

 
 
比屋根のバント
 

f:id:cut12:20160512235238j:image

 
 
中村のサヨナラホームイン
 

f:id:cut12:20160512235241j:image

〜試合結果〜
東京ヤクルトスワロー4xー3広島東洋カープ
 
勝 秋吉2勝2敗
負 今村2敗
S 
本 
(S)バレンティン11号(ヘーゲンズ)
(C)
 
〜観戦試合数〜
2016年31戦目
トータル112戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする