野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160520東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズ




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160520230732j:image

 
先週日曜以来中4日の野球観戦

 

 
今日の神宮球場はバリュー価格ということ横浜DeNAベイスターズのビジター応援デーということもあり外野席はほぼ満員。
最近の神宮球場は天気が良いと18時過ぎに来て席に座れない。今日も最上段で立ち見観戦。
 
気づいた点を幾つか
 
【東京ヤクルトスワローズ】
 
先制点を押し出しで奪われその後も成瀬飛翔でビハインドの展開。いつものことだからあまり驚きもしない。成瀬はその後もロペスに飛翔。これも打った瞬間。左打者は抑えるが右打者は打たれるもしくは四球という苦しい展開。しかし、7回3失点で飛翔はソロ2本。ということはNQSだ。
 
※NQSとは長谷川晶一さんが提唱している新指標だ。
詳しくはこちらを参照
 
オンドルセクがちょっとぴりっとしない。気になるところだ。
 
打つ方は山田のホームランとラッキーな今浪のセンター前。そして成瀬の自援護。雄平、畠山が打ててないなのは気になるが大引が頑張っているのは良い傾向だ。
 
 
【横浜DeNAベイスターズ】
 
井納は悪いなりにしっかりと抑えた。7回から8回への続投はネット上では賛否両論あったようだが悪くはなかったと思う。ただ、前の回?からフォークが調子よくなかったように見えた。
 
その後の熊原への継投は少し遅かったかもしれないが結果論。熊原はクイックが早い。久保みたいだ。
 
ホームランは出たものの連打はなく打撃陣は今ひとつ。
筒香、梶谷が9タコ。梶谷2番をどこまで我慢するのだろうか。
 
 
 
 
 
 
成瀬もタイムリー
 

f:id:cut12:20160520230737j:image

 
 
 
 
熊原初見
 

f:id:cut12:20160520230724j:image

 
 
宮崎のホームラン
 

f:id:cut12:20160520230728j:image

 
 
 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ6ー3横浜DeNAベイスターズ
勝 ルーキ2勝1敗
負 井納3勝4敗
S オンドルセク1敗9S
本 
(S)山田13号(井納)、14号(井納)
(De)宮崎2号(成瀬)、ロペス10号(成瀬)
 
〜観戦試合数〜
2016年34戦目
トータル115戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする