野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160521東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズ




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160522131802j:image

 
超満員の神宮球場

 

 
ベイスターズのビジター応援デーだからなのか試合前に外野は立ち見状態。外周にあったベイスターズの来場ポイントも長蛇の列。去年とは違うビジター応援が見られるのだろうか。
 
気づいた点を幾つか
 
【東京ヤクルトスワローズ】
 
山中が先発だからか雨を予想してなのかブルペンの始動が早かった。4回から中澤が準備を始め5回には久古、村中も準備。ブルペンの調整方法を変えたのだろうか。
 
山中は3回までパーフェクト。2巡目から捕まるが試合は作った。8回の継投が勝負の分かれ目だった。久古の調子が上がらないのは痛いだろう。ワンポイントで出てきて塁にランナーを残して帰っていくのが続くとまた降格だろう。
 
打撃陣は今永の前にうまく抑えられた。初回は変化球狙いだったように見えたが直球主体となるとうまく捉えることが出来ず封じ込められた。
 
【横浜DeNAベイスターズ】
 
今永が素晴らしい。2回?から直球主体になり2回から5回まで無安打投球。6回に連打を浴び同点とされたが山田、バレンティンを封じ込めた。素晴らしい。一年戦える体力がああるのかどうかが心配なだけか。
 
打線は8回に死球から作ったチャンスでロペスが決勝3ラン。低めの球をうまく拾ったロペスがうまかった。バレンティンは一歩も動かない弾丸ライナーがレフトスタンドに突き刺さった。
 
気になったのは石川の警戒されている中での盗塁失敗。あれはエンドランだったのだろうが梶谷が見逃したから失敗になったのだろうと推測する。結果的にその後、梶谷四球でロペスの3ランが出たから良かったのかもしれないが。
 
 
 
石川の盗塁はアウト
 

f:id:cut12:20160522131813j:image

 
 
最後はヤマヤス
 

f:id:cut12:20160522131809j:image

 
 
レスキューコならず
 

f:id:cut12:20160522131806j:image

 
 
 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ1ー4横浜DeNAベイスターズ
勝 今永3勝4敗
負 山中2勝3敗
S 山崎1勝2敗10S
本 
(S)
(De)ロペス11号(秋吉)
 
〜観戦試合数〜
2016年35戦目
トータル116戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする