読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160522東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズ




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160523002305j:image

 
心地よいサンデーナイト

 

 
日曜の神宮は昨日より空席はあった。しかし、外野席はレフト、ライトともにほぼ埋まっていた。3塁側の指定席に空席はあるがまぁ埋まっていたほうだろう。
 
気づいた点を幾つか
 
【東京ヤクルトスワローズ】
原樹理は自身がベースカバーを怠ったせいでピンチを招き初回から失点。3階には痛恨のバント失敗。バスター後のバントだったがバスターした球が一番バントしやすそうに見えたが。
 
エラーにはなっていないが守備のミスが多い。川端のバント処理失敗。飛び込む必要はない場面では。原のベースカバー怠りの際の山田のベース譜見損ない。山田はとっさに一塁へ入ったのだがしっかりとアウトを取って欲しかった。一個アウトがほしいところでホームに送球し点を献上。
 
エラーは一つもない。しかし見ていてよくないな。と思った場面はいくつもあった。ここは改善をして欲しい。
 
試合を早々に諦めた?のかキャッチャーに西田を起用。本日一軍登録された藤井もレフトで起用。少しでも経験になればよいが。
 
【横浜DeNAベイスターズ】
 
山口は制球を乱すことはあったが終始落ち着いていた。ヤクルト側のバント失敗などもあったがHQS達成。
 
打つ方はホームランではなく連打で点を取れたので状態はいいのだろう。
しかし、接戦だったらまずいな。というプレーがいくつか見られた。ロペスの犠牲フライの際の二塁走者が三塁を狙ってタッチアウト。タイミングが少しずれていればホームインも認められていなかった。
 
ヒットエンドランと思われるサインのところで空振り。
 
守備ではゲッツーを取るところで二遊間がどちらもセカンドベースに入らず。
などなどミスは多く目立った。
 
打線が好調で投手陣も良いので面白いかもしれない。しかし昨年のこともあるのでなんとも言えないのが本音だ。
 
 
原はバント失敗
 

f:id:cut12:20160523002309j:image

 
山口はバントを決めた
 

f:id:cut12:20160523002313j:image

 
三輪がサード
 

f:id:cut12:20160523002318j:image

 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ3ー11横浜DeNAベイスターズ
勝 山口3勝1敗
負 原樹2勝4敗
S 
本 
(S)雄平3号(山口)、山田15号(ザガースキー)
(De)
 
〜観戦試合数〜
2016年36戦目
トータル117戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする