読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160525東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガース




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160525235552j:image

 
絶対に負けられない戦いがそこにはある
 

 

そんなキャッチフレーズが付いているのでは?というヤクルトの戦い方だった。ゲーム差なのかゲーム差なのか何か基準があるのだろうか。
 
気づいた点を幾つか
 
【東京ヤクルトスワローズ】
打線組み換えて1番大引、2番坂口。川端は5番。キャッチャーは西田。
 
バレンティンが2打席連続バックスクリーン弾。
山田は2ベースとナイスランがあった。次塁のベースカバーがいないのを見て次の塁を奪取。この隙を突く走塁は素晴らしい。
 
畠山が猛打賞と1000試合出場。
川端もマルチ。
今浪が代打成功。
 
最後に今浪が犠牲フライで試合は決まったがその前の西田が無死一二塁からしっかり送れたのが大きい。プレッシャーの掛かる場面でナイスバント。
 
デイビーズは球速が出ず苦しいピッチング。デイビーズにかぎらず全体的に球審の判定が辛かったように見えた。次回登板はあるだろう。
 
村中、ルーキが崩れて8回一死からオンドルセク登板。このベンチワークは驚きだ。
 
ルーキはリフレッシュさせたいが代わりがいない。秋吉をセットアップにするかもしれないな。
 
今日のブルペン準備開始
 
5回表:秋吉、村中
6回表:久古
7回表:中澤
7回裏:ルーキ
8回表:オンドルセク
9回表:松岡
 
【阪神タイガース】
 
打者は鳥谷が復調している。ホームランは神宮だからかもしれないが打球が鋭くなっている。鳥谷8番は怖い。北條1番はハマるのではないかと思うが守備がどうか。
 
金本監督は野手の使い方が前のめりな攻撃的采配。
9回裏の時点でベンチは控え捕手の岡﨑と大和のみ。
 
ヘイグのトンネル、投手のベースカバー遅れと守備に不安。そしてヤクルト同様中継ぎ陣が踏ん張れない。
 
 
バレンティンはさすが
 

f:id:cut12:20160525235556j:image

 
 
畠山は1000試合出場
 

f:id:cut12:20160525235559j:image

 
 
 
ボーンヘッドもあった新井良太(誤審で見逃されたけど)
 

f:id:cut12:20160525235604j:image

 
 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ9xー8阪神タイガース
勝 オンドルセク1勝1敗9S
負 藤川2勝3敗1S
S 
本 
(S)バレンティン13号(横山)、14号(横山)
(T)ゴメス12号(デイビーズ)、鳥谷3号(村中)
 
〜観戦試合数〜
2016年38戦目
トータル119戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする