読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160527横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープ




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160527231518j:image

 
本日よりベイスターズラガーが発売された。

 

 
球団が一から開発したビールの第二弾だ。それを飲むべくハマスタへ。それとポンセTシャツ買いたかったんだけど品切れでした。。。
 
気づいた点を幾つか
 
【横浜DeNAベイスターズ】
 
投打がガッチリハマった。
井納が8回1失点。最後は田中。8回裏の追加点がなければ山崎康晃だったのだろう。
 
打線は制球に苦しむ黒田から2点しか取れなかったが戸田、佐藤の中継ぎ陣からしっかりと点を取る。
ミスらしいミスは石川のバント失敗くらいか。結果的にタイムリーになったがミスだろう。本人もヒーローインタビューでしゃべっていたのでわかっているのだろう。
 
守備も三遊間が安定していた。
投手陣が安定しているうちは大きな連敗はないだろうが去年のことがあるので…。
 
【広島東洋カープ】
 
黒田は悪いながらに6回2失点とゲームを作る。再三ピンチを作ったが2失点でまとめる当たりは流石だ。
 
戸田、佐藤の二人はきっちり点をとられる。土のチームもそうだが負け試合の継投で出てくる投手は打たれる一方だ。勝ち継投を温存したということが唯一の救いか。
 
打線は井納に対して早打ちばかり。これはベンチの指示なのだろうか。サクサク料理された。強打の広島打線は見られず。
 
ベイスターズラガー
 

f:id:cut12:20160527231524j:image

 
 
ハマスタのビジョンは的敵チームの選手も顔写真、詳細情報をのせる
 

f:id:cut12:20160527231539j:image

 
井納はナイスピッチング
 

f:id:cut12:20160527231542j:image

 
〜試合結果〜
横浜DeNAベイスターズ6ー1広島東洋カープ
勝 井納4勝4敗
負 黒田4勝2敗
S 
本 
(De)
(C)
 
〜観戦試合数〜
2016年40戦目
トータル121戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする