読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

東京ヤクルトスワローズにやってきたハ・ジェフンとは?




スポンサードリンク


 f:id:cut12:20160530160118j:image
 
二匹目のどじょうなるか。

 

ヤクルトが四国アイランドリーグplusかの徳島インディゴソックスからハ・ジェフンを獲得した。
昨年はBCリーグの新潟アルビレックスからミッチ・デニングを獲得しているので二年連続シーズン途中に独立リーガーを獲得した形だ。
 
このハ・ジェフンは二刀流と言われているがアメリカでどのような成績だったのか見てみたい。
シカゴカブスのマイナーと2009年に契約し2015年まで7年間をカブス傘下のチームで過ごしている。
 
A-:82試合/打率.242/出塁率.264/長打率.327/OPS.590/2本/37打点
AA:327試合/打率.259/長打率.321/長打率/.357/OPS.679/15本/135打点
AAA:70試合/打率.246/出塁率.288/長打率.371/OPS.659/6本/23打点
 
 
良くも悪くもリーグごとの成績に変動はない。
 
 
投手としては2015年のみの記録だ。
A-:16試合/3勝0敗/27回/29奪三振/13四球/防御率2.33
 
A-リーグとはいえまずまずの数字だ。
 
 
ちなみに徳島インディゴソックスの成績は
 
26試合/打率.350/出塁率.427/長打率.590/OPS1.017/5本/17打点
1試合/0勝0敗/1回/2奪三振/防御率0.00
 
日本の独立リーグはアメリカのマイナーより劣るのは致し方ないところだ。
 
このハ・ジェフンは2月に行われたBCリーグのトライアウトにも参戦していた。
この時は残念ながら不合格だったが四国アイランドリーグplus経由でNPBへの切符を手にした。
 
ヤクルトでの活躍によってスカウトたちの眼力が問われる。
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする