読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160603東京ヤクルトスワローズ対オリックス・バファローズ




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160604100651j:image

 
神宮球場でも交流戦が開幕した。
 

 

普段、余り見ることのないオリックス戦。タオルを回すのではなく掲げる応援を見た。
 
気づいた点を幾つか
【東京ヤクルトスワローズ】
 
小川は開始5球で失点。その後も塁にランナーを貯めはするものの7回2失点と粘投。エースには程遠いがきっちりまとめてきたのはよかった。相変わらず投球間隔が長い。
 
ルーキはセットアッパーを外されるかもしれない。登板過多が原因なのか四球でイライラするのが原因なのか。後者ならバーネットのように克服は可能かもしれない。
 
坂口がノーヒットだと打線が繋がらない。坂口、山田、バレンティンで天を取りたい。
 
その中で8回の攻撃はよかった。山田、バレンティン、川端と繋ぎ畠山が四球を選ぶ。バレンティンの代走比屋根は積極的走塁でチャンスを広げた。牽制死がない比屋根は素晴らしい。スタメンでも活躍して欲しいのだが・・・。
 
7回に代打でバントを決めた三輪ちゃんはよかった。直前に同じくバントのために代打で出たオリックス縞田がスリーバント失敗をしたので嫌な予感がしたが。
 
今日のブルペン準備
5回裏:村中
7回表:秋吉
7回裏:ルーキ
8回裏:オンドルセク
9回表:風張
 
【オリックス・バファローズ】
 
東明はあまり見たことがないが高橋光成を見た後だと躍動感がなく上半身だけでビュッと投げてる感じがする。見た感じスライダー投手かな。
球数は多いものの3回以外は何とか抑えた。ゴロアウトは一つだけ。
 
8回の塚原は一死も取れずに満塁のピンチを招き平野にスイッチ。平野が完璧な火消し。平野は変わった初球のストレートを注文通りのゲッツーで打ち取り楽になった。
 
代打縞田がスリーバント失敗。こういうのが勝ち切れない理由なのか。
 
 
 
比屋根の一歩間違えれば暴走
 

f:id:cut12:20160604100655j:image

 
 
縞田のスリーバント失敗
 

f:id:cut12:20160604100658j:image

 
 
三輪ちゃんはしっかりとバントを決めた
 

f:id:cut12:20160604100702j:image

〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ4ー5オリックス・バファローズ
勝 吉田一 2勝1S
負 ルーキ 2勝2敗
S 平野 1勝3敗10S
本 
(S)
(Bs)
 
〜観戦試合数〜
2016年43戦目
トータル124戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする