野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160604東京ヤクルトスワローズ対オリックス・バファローズ




スポンサードリンク


 

f:id:cut12:20160604233007j:image

 
バファローベルがいました。
 

 

気づいた点を幾つか
 
【東京ヤクルトスワローズ】
 
このチームは初回までに点を取られないといけない縛りでもあるのではないか?と疑ってしまうほど初回に点をとられる。今日もいきなり3ラン。
 
そこから追いつく攻撃力を持っているので悲観的にはならない。だけど最後は突き放される。
 
何度、神宮でこの展開を見てきたことか。
投壊と貧打どちらがましなのだろうか?とか考えてしまうほど深刻だ。
 
飯原への代打雄平はスワローズファンの中で議論を巻き起こしている(多分)前の打席でホームランを放った飯原に相手が右になったとはいえ代打雄平。相手投手は制球に苦しむコーディエ。初球からフルスイングの雄平では厳しい。結果は案の定の三振。昨日は初球ゲッツーだったので進歩といえば進歩なのかもしれない。
 
ただ、雄平の守備力は飯原にはない。2014年も投壊だったスワローズだがそのときより段違いに守備は良くなっている。雄平もライトの守備指標は良い。実際に今日もバックホームで追加点を防いだ。ここが正念場だろう。
 
今日のブルペン準備
 
4回表:久古
5回表:松岡
6回裏:村中
7回裏:秋吉
8回裏:石山、オンドルセク
 
【オリックス・バファローズ】
 
初回に3ランで先制したが西野は送りバント失敗している。結果オーライ。失点は駿太のミスが2回絡んだ。こういったミスが多いのでパ・リーグ内では勝ち切れないのだろう。
 
平野は昨日に続き回跨ぎの登板。本来クローザーはこうあるべきだろう。
 
 
コーディエ
 

f:id:cut12:20160604233010j:image

 
 
石山が今シーズン神宮初登板
 

f:id:cut12:20160604233014j:image

 
山中のアンダースローは低い
 

f:id:cut12:20160604233018j:image

 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ4ー6オリックス・バファローズ
勝 吉田一 3勝1S
負 山中 2勝4敗
S 平野 1勝3敗11S
本 
(S)飯原3号(山﨑)
(Bs)T-岡田10号(山中)、糸井8号(村中)
 
〜観戦試合数〜
2016年44戦目
トータル125戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする