野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160618東京ヤクルトスワローズ対埼玉西武ライオンズ




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160618225249j:image

 
気温30度超えの神宮デーゲーム

 

 
暑い。熱中症患者が出てもおかしくないような気温の中プレーボール。
内野寄りのライトスタンド最上段で観戦。土曜だからか平日にいる人達と違う。いつもの顔があまりいない。
 
気づいた点を幾つか
 
【東京ヤクルトスワローズ】
 
守備が乱れた。雄平の後逸、飯原の目測誤り、山田の初回の打球処理。中村の盗塁の送球が不安定と一つミスが出ると連鎖する。昨日の今浪負傷も連携ミスだ。投壊が続く中、守備はしっかりしておきたい。
 
2回裏に一死一二塁から西田がセンター前で1点入ったがその際の一塁ランナーだった飯原が三塁まで進めたのがよかった。バレンティンだったら難しいだろう。飯原はこの走塁と6回の送りバントでなんとかフライ落球の汚名返上か。飯原はいつぞやの小川10勝スルリの時の落球もあり不安だがメンタルだけは強い。これがプロの条件なのだろうか。
 
6回裏に同点に追いついた後、二死一塁で投手に代打バレンティン。ここは、バレンティンを出すところじゃなかったような気もする。ビハインドならいいが前の打者の中村で追いついたのだから終盤に残しておきたかった。
 
2日続けて3時間かからない試合はいつぶりなのだろうか。しかも連勝。交流戦の最後となる明日に3れんしょうをかけて杉浦がマウンドに上がる。
 
本日のブルペン
5回表:成瀬、村中
5回裏:平井
6回表:松岡
6回裏:ルーキ
7回裏:秋吉
8回裏:オンドルセク
 
【埼玉西武ライオンズ】
 
初回、栗山に初球打ちをされる。秋山の当たりはライト前だが山田のエラーかと思うような当たり。栗山はレフトフライ。浅村がヒットで一死1,3塁にてメヒア、坂田が打ち上げて攻撃終了。
 
チャンスは作るがことごとく中軸が打ち上げて終了というのが多い。5回に3点奪ったのもエラーと言われてもおかしくない平凡なレフトフライの落球から点が入った。普通ならチェンジの場面。
 
ヒットは打てるしチャンスも作るが後一本が出ない。しかも、惜しい当たりではなくポップフライが多いという状況。
 
作戦はないのか?と感じた。金子の盗塁がサインなのかは分からないがそれくらいではないだろうか。
 
ポーリーノが来日一軍初登板。150キロ前後のストレートとスライダーが中心の投球。ランナーを背負うと球がばらつく。ポレダみたいな感じだろうか。初登板と考えれば可もなく不可もなく次回登板はもちろんあるだろう。
 
 
 
ポーリーノ
 

f:id:cut12:20160618225241j:image

 
 
オンドルセク恒例のハイタッチ
 

f:id:cut12:20160618225245j:image

 
 
ブルペンに左腕が二人いるのは珍しい
 

f:id:cut12:20160618225253j:image

 
 
 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ5ー4埼玉西武ライオンズ
勝 ルーキ 3勝2敗
負 野上 2勝6敗
S オンドルセク 3勝1敗11S
本 
(L)
(S)大引2号(野上)、
 
〜観戦試合数〜
2016年52戦目
トータル133戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする