読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160624東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160624231036j:image

 
雨天強行に定評のある神宮球場は今日も試合開始前から雨模様。

 

そんな雨模様の中、グッチーこと坂口智隆の1000試合出場と1000本安打のセレモニーが行われた。ケガから復活した人がこういうお祝いをしてもらえるのはいいね。
 
さて、交流戦明け初戦。各チームエースを登板させてくる中で中日は多のではなく若松。果たしてどうでるのか。
 
気づいた点を幾つか
 
【東京ヤクルトスワローズ】
 
小川がストレート中心に見える投球を見せ最速146キロを記録。7回無失点に抑え2ヶ月ぶりの勝ち星。今日は四球を出さなかったのがよかった。6回に亀澤、ナニータの二人が合計30球粘ったが打ちとったのは大きい。根負けして四球を出していたらどうなっていたかわからない。
 
山田が今シーズン初の逆方向へのホームラン。西田もイースタンリーグの試合に続いての連続ホームラン。3回までに5点を奪い逃げ切り快勝。
 
本日のブルペン
5回裏:成瀬
6回裏:平井、村中
7回表:ルーキ
7回裏:秋吉
8回裏:オンドルセク
 
【中日ドラゴンズ】
 
若松が初回から崩れノックアウト。しかし、その後の福、武藤、祖父江はノーヒットピッチング。明日以降に良い形でつなげることが出来たのではないだろうか。
 
気になったのは4回からキャッチャーを杉山から武山に変更した。若松が打たれたことによる懲罰交代なのだろうか。
 
明らかなエラーやミスがあったようには見えなかったがどうなのだろうか。
 
 
 
ブルペンの成瀬は半袖
 

f:id:cut12:20160624231040j:image

 
 
小川が躍動
 

f:id:cut12:20160624231044j:image

 
 
若松は苦しいピッチング
 

f:id:cut12:20160624231048j:image

 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ5−1中日ドラゴンズ
勝 小川 4勝3敗 
負 若松 5勝6敗
S 
本 
(D)
(S)山田24号(若松)、西田2号(若松)
 
〜観戦試合数〜
2016年55戦目
トータル136戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする