読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

ヤクルト投手陣の救世主は平井かも知れない

NPB 選手



スポンサードリンク


f:id:cut12:20160701101107j:image

 
 
平井諒が頑張っている。

 

 
6月15日のソフトバンク戦で復帰登板を果たしてから5試合を投げ失点は0。
ヤクルト投手陣にしては珍しく球威のあるストレートを投げゾーンの中で勝負できる投手だ。
 
初めはビハインドからの登板だったが連投テストをくぐり抜け勝ちパターン継投に割り込んできた。
そして、昨日は2イニングの回跨ぎに成功。
 
肩を故障して戦列を離れていた選手だけに投げ過ぎは禁物だ。
しかし、ペレスが使えずオンドルセクが抹消。今年ブルペンを支えた村中は先発。頼みの綱の秋吉はオンドルセクの代わりにクローザー。
 
勝ちパターンの7回を投げる投手がいなくなってしまった所に平井がフッカスした。投げさせない訳にはいかないだろう。
 
2イニングス目に入ってもスピードの衰えなかった150キロのストレートとスライダー、シュートが平井の持ち球だ。落ちる球はフォークがあるが空振りが奪えない。タイプは違えど杉浦と同じだ。落ちる球に磨きがかかればもっといい投球ができるに違いない。
 
これから7回を平井が埋めてくれれば格好はつく。今年救世主として活躍し来シーズンは落ちる球に磨きをかけさらなる飛躍を期待したい。
広告を非表示にする