読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

18年前の今日は黒木の日だったけど他にも選手は出てたよね




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160707233918j:image

 
18年前の今日は黒木の日だ。
 

 

そう、ロッテの黒木がプリアムに打たれたあの日。あれは七夕の日の出来事なのだ。ロッテファンの願いは叶わず星となって散ったあの日のこと。
 
黒木が打たれたこと連敗が止まらなかったことは記憶にとどめている人も多いだろう。
 
スコアや黒木、プリアム以外にはどんな選手がいたのだろうか。ふと思いたってボックススコアを眺めてみた。
 
ほう、あの試合に出場した選手で未だに現役の選手が両軍1名ずつ存在するのか。
 
オリックスはイチローだ。
あの試合3番ライトで出場し5打数2安打と活躍している。
 
 
ロッテは今シーズンまだ出番のない福浦である。
 
イチローと同じく3番で守備位置はファースト。
4打数1安打1打点の働きだ。
 
首位打者2人が18年経った今でも現役なのは感慨深いものがある。
 
さらに両軍の先発に目を向けてみるとロッテは当然、黒木。
オリックスの先発はメジャーリーガーになる直前の木田優夫だ。
 
デトロイトタイガースに行く前年に1年だけオリックスに在籍していたのだ。
 
読売ジャイアンツとのトレードでオリックスに入団したわけだが交換相手は今年、メディアによく出ている野村貴仁。
 
 
過去のボックススコアを見るだけで様々なことが思い出され補完されていく。
やはり野球は奥が深いし好きになってよかったなと改めて思う。
 
と一人七夕の夜に考えてしまったので認めておこうと思う。
 
 
広告を非表示にする