読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160708東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ

NPB 観戦記



スポンサードリンク


f:id:cut12:20160708234501j:image

 
休養十分の中10日での野球観戦
 

 

今日はトップ画像の瞬間を見るために行ったようなものだ。かといって勝ちを期待しなかったわけではない。
 
気づいた点を幾つか。
 
【東京ヤクルトスワローズ】
 
先発の成瀬が初回三者凡退で抑えるという奇跡的なスタート。その裏にバレンティンが2点タイムリーツーベースという理想的な展開。3回裏にバレンティンがデッドボールに激昂し退場ということがあったが7回に西田がホームラン。畠山が戻ってきても言い争いができるかもしれない。
 
守備はいいプレー悪いプレー両方出た。
 
いいプレーは5回表の川端のチャージ。ジョーダンのバントを猛チャージでゲッツー。ヤクルトのバント処理は12球団で1番チャージが強いのではないだろうか。
 
悪かったプレーは左中間でのクション処理。坂口と飯原ふたりとも捕れなかった。飯原の打球判断が悪かった。僅差でアレは危ない。
 
本日のブルペン
 
5回表:松岡
6回表:ペレス
6回裏:ルーキ
7回裏:平井
8回裏:秋吉
 
【中日ドラゴンズ】
 
先発ジョーダンが初回から崩れる。中日ブルペンは初回から始動の臨戦態勢。バレンティンに投げたボールはわざとのようにも見えたがどうなのだろうか。その伏線になるような出来事はなかったように思えるが真相はいかに。
 
ビシエドが序盤のような好調ぶりを見せている。8回のライト前の打球スピードが速くホームランがなくてもやはり怖い。彼が復調すると打線は繋がりそうだ。
 
 
久々のビッグフラッグ
 

f:id:cut12:20160708234504j:image

 
バレンティン激昂
 

f:id:cut12:20160708234508j:image

 
久々の森野
 

f:id:cut12:20160708234512j:image

 
 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ6−3中日ドラゴンズ
勝 成瀬 3勝2敗 
負 ジョーダン 5勝3敗
S 
本 
(S)西田3号(福谷)
(D)荒木1号(成瀬)、福田5号(秋吉)
 
 
〜観戦試合数〜
2016年59戦目
トータル140戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする