読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160709東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ

NPB 観戦記



スポンサードリンク


f:id:cut12:20160709234346j:image

 
1771日ぶりの由規登板
 

 

結果的には由規の復帰登板、中島のデビュー戦、奥村もデビュー戦になった。戸田で頑張っていた選手たちが神宮で躍動する。こういう日は負けても納得してしまう。館山も復帰初戦は白星がついてない。次に期待だ。
 
 
気づいた点を幾つか
【東京ヤクルトスワローズ】
 
由規は投げられただけで良かった。と思うのは甘いだろうか。最速は149キロ。マウンドを降りることになった6回もボールは抜けていたがストレートの球速は148キロ、149キロを計測。結局94球で降板。最後の森野に対しても結果は四球だが逃げなかったのはよかった。
 
久古、松岡、ペレスと繋いで最後は中島。育成から支配下登録されたのは5月2日。そして、今日が初登板。最速は148キロ。平井に続いて勝ちパターンを目指して欲しい。
 
打撃陣は線にならず。ちぐはぐな攻撃。由規のバント失敗など。奥村がデビューしたのが見どころだろうか。川端の守備固めとして出れるように頑張って欲しい。
 
本日のブルペン
4回表:岩橋
5回表:ペレス
6回表:松岡、久古
8回表:中島
 
 
【中日ドラゴンズ】
 
打撃陣が大爆発。大島を始めとして16安打。そして若松もしっかり送りバントを決めて得点に結びつける。送りバントの成否が勝敗を分けたかもしれない。
 
若松は粘りに粘って5回2失点。ただ、去年ほどの嫌さはない。
 
 
中島もデビュー
 

f:id:cut12:20160709234349j:image

 
 
奥村もデビュー
 

f:id:cut12:20160709234343j:image

 
 若松は7勝目
 

f:id:cut12:20160709234503p:plain

 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ2−8中日ドラゴンズ
勝 若松 7勝6敗 
負 由規 1敗
S 
本 
(S)西浦2号(若松)
(D)
 
〜観戦試合数〜
2016年60戦目
トータル141戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする