読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160712千葉ロッテマリーンズ対福岡ソフトバンクホークス




スポンサードリンク


 

f:id:cut12:20160712235658j:image

 
東京ドームでのロッテ対ソフトバンク
 

 

2週間前のrベンジマッチ。前回の鷹の祭典も人は入っていたが本日も入っていた。千葉ロッテマリーンズ史上最多観客動員らしい。QVCのキャパより東京ドームのほうが大きいわけだから満員になれば史上最多になるのは当然。白いユニフォーム配布ということでロッテファンは皆白いユニを着用。そのロッテファンから繰り出される声量は圧巻。どこからそんな声が出てくるのだろうか。
 
気づいた点を幾つか
 
【千葉ロッテマリーンズ】
 
初回、二回と四球でもらったランナーを送りバントで一死二塁の形を作る。その後点は入らなかったが伊東監督っぽい采配だった。序盤、制球に苦しんだ武田に犠打でアウトを取らせるのはもったいなかったかもしれないが逆に考えると制球に苦しんでるからこそ早めに先制したかった。とも考えられる。結果点は取れなかったが。
 
散発三安打に抑えられては点は取れない。今日は完敗。
 
涌井は初回に先頭打者アーチを浴びるがその後立ち直る。ここはやはりエース。5回に自分のミスで無死一、三塁を0に切り抜けたのはさすが。
 
ナバーロの送球判断は素晴らしい。5回、8回とどこに送球するのかを一瞬で判断しきっちりアウトにした。
 
【福岡ソフトバンクホークス】
 
武田は決してよくなかった。四球を出した後、すぐに崩れなかったのがよかった。ロッテの犠打に助けられたのがあるのかもしれない。ただ、圧倒する投球はできない。タイプは違うがどのような投球が最終型なのだろうか。楽しみではある。
 
打線は馬鹿みたいに打っているわけではない。アウトになっても最低限をこなそうとする。それが積もり積もって得点に繋がる。ソツのない攻撃を皆が理解しているということだろう。ただ、走塁ミスが2つあったのは(1つはサイン?)もったいなかった。
 
 
ロッテは後一本が出なかったものの両チームとも最低限をこなす野球だった。ロッテファンはフラストレーションがたまったかもしれないがこういう野球は勝つために大事だと思う。たとえ今日負けたとしても。セリーグの試合ではこういう展開になかなかならないのはやはりチームの作り方が根本から違うからなのだろうか。
 
 
 
 
始球式に小宮山悟
 

f:id:cut12:20160712235706j:image

 
 
いつだってクールな涌井
 

f:id:cut12:20160712235701j:image

 
松田が先頭打者HR
 

f:id:cut12:20160712235654j:image

 
〜試合結果〜
千葉ロッテマリーンズ0−4福岡ソフトバンクホークス
勝 武田 9勝3敗 
負 涌井 7勝4敗
S 
本 
(M)
(H)松田19号(涌井)
 
 
〜観戦試合数〜
2016年62戦目
トータル143戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする