野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160718東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズ




スポンサードリンク


 

f:id:cut12:20160718225731j:image

 
神宮球場90周年記念イベントの日ということで国鉄時代のユニフォームと神宮球場のレプリカ模型をゲット。始球式は往年のエース松岡弘。30年後くらいにヤクルトのイベントがあれば石川が呼ばれたりするんだろうか。
 

 

 
気づいた点を幾つか
 
【東京ヤクルトスワローズ】
 
さて、ヤクルトはこの日にしっかりと神宮のエース石川を持ってきた。変化球をしっかりと操り的を絞らせないピッチング。7回1失点と復帰登板は上々だ。次回以降にも期待ができる。次回はローテ通りだと神宮ではなく甲子園なのが気になるけど。
 
川端が自打球で骨折。戦線離脱が確定した。今日は三輪が入りその後に西浦となったが三輪の送球エラーもあったので明日以降は西浦だろうか。奥村の抹消タイミングが最悪となってしまった。
 
8回に得点を重ねたがエラーからチャンスを作り、暴投、暴投と草野球のようだった。一死満塁で山田は打点チャンスだったが打点つかずだが暴投が2回続き得点は入った。その瞬間往年のイチローコピペのような感じだった。
 
<参考>投手を一睨みしただけでボールが二遊間に飛んで行く
 
投手を一睨みしただけで塁上の走者が返ってくる
 
と言ったところだろうか。
元気に二盗塁も決め22盗塁となった。ホームランが出ていない時に走って稼いでおきたい。
 
勝ったのはいいが川端離脱がどう響くか。3番山田、4番バレンティンと繰り上げるのか。それとも2番に今浪あたりを入れて3番坂口にし大引、今浪、坂口、山田なのか。
 
明日が楽しみだ。
 
【横浜DeNAベイスターズ】
 
ロペスがサードで宮崎がファーストというスタメンオーダーだった。ロペスのサードは珍しいのではないのだろうか。その宮崎が2回にエラーをし失点につながってしまった。宮崎は7回にホームランを打ったが守備のミスは痛かった。
 
宮崎以外にも全体的に守備のミスが多くことごことく失点に繋がる。桑原はケガをしてしまったがその前の今浪のスリーベースは桑原のミスだろう。あとはふらふらっと上がった打球の処理もまずくお見合いのような形だ数度。突っ込んだらケガ。と課題はやはり守備なんだろう。エリアンと小杉も負の連鎖みたいな感じでしたね。
 
 
 
またしてもルーキはエリアンにやられた
 

f:id:cut12:20160718225738j:image

 
 
 
 
この男は立っているだけで点が入る
 

f:id:cut12:20160718225742j:image

 
 
秋吉はしっかりと抑えた。この角度だと”でんでん太鼓投法”がよくわかる
 

f:id:cut12:20160718225735j:image

 
 
 
 
 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ9−3横浜DeNAベイスターズ
勝 石川 5勝5敗
負 久保康4勝5敗
S 秋吉 3勝3敗5S
本 
(S)
(B)宮崎9号(石川)、エリアン2号(ルーキ)
 
 
〜観戦試合数〜
2016年66戦目
トータル147戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする