野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160720東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズ




スポンサードリンク


f:id:cut12:20160720233510j:image

 
今シーズン2回めのビール半額デー
小川の復帰登板が重なりライトスタンドは満員御礼(多分)

 

 
気づいた点を幾つか
【東京ヤクルトスワローズ】
 
小川の立ち上がりはよかった。球速も146キロと戻ってきた。カッターも140キロを超えている。ライトからだとフォームの変化はわからなかったが球速が戻ったのは確かだろう。だが、相変わらず得点後に失点。そして四球で崩れるところは変わっていない。メンタルなのではないだろうか。杉浦や村中と同じくメンタルに問題があると疑ってしまう小川の投球。球自体は戻っているので次回に期待したい。
 
平井、ペレスが崩れて試合が壊れたのは確かだが敗因はそこではなく1回に熊原を捉えられなかったことと小川の投球だと思う。
 
石井一久は野手と投手の不協和音はないと言っていたが実際どうなのだろうか。一般ファンは当然わからない。信じるしか無い。
 
中島が今日も無失点投球。ストレートの球速が出るので(ヤクルト投手陣比)もう少し結果を出せば平井のようにチャンスは来るだろう。由規とともに育成から上がった中島も頑張ってもらいたい。
 
【横浜DeNAベイスターズ】
 
熊原は苦しい立ち上がり。初回で39球も投じていた。今日は何とか乗り切ることが出来白星を手にしたのはよかったと思う。制球がもう少し良くなると面白そうだ。リリーフで初め投げていたが先発のほうが良さそう。リリーフだと四球から崩れるパターンなので長いイニングで勝負したほうが良さそうだ。
 
筒香のホームランが本日も観客直撃。ライナー性の当たりは本当に危ない。現地観戦の時は気をつけましょう。
 
 
 
 
 
熊原は初勝利
 

f:id:cut12:20160720233514j:image

 
昨日温存されたタナケン
 

f:id:cut12:20160720233521j:image

大引と山田はこの状況に何を思う
 

f:id:cut12:20160720233518j:image

 
 
 
 
 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ2−9横浜DeNAベイスターズ
勝 熊原 1勝
負 小川 4勝4敗
S  
本 
(S)
(B)筒香25号(小川)、26号(ペレス)
 
 
〜観戦試合数〜
2016年68戦目
トータル149戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする