読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球が好き

あまり深くほりさげず浅く広く多くの人が野球を好きになるようにさらっと書いてます。

【観戦記】20160911東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガース

NPB 観戦記



スポンサードリンク


f:id:cut12:20160911220306j:image

 
阪神タイガースの神宮最終戦。
 

 

 
スタンドは空席だらけの寂しい日曜日。
 
試合もヤクルト側からみるとお寒い内容。2回表の鵜久森ツーベースで1塁ランナー山田を3塁でストップさせたところで勝負あった気がした。
 
中継プレーを見ても山田の愛なら十分戻ってこれたように見えたが下位打線に期待するよりは遥かに得点確率が高かったように見えた。
 
山中は規定投球回厳しいか。
 
石山が3ヶ月ぶりの復帰登板で素晴らしい投球。
 
見どころはこれだけ。
 
来期への中継ぎ見極めレースは松岡、村中、平井が登板。
 
松岡、村中はどうなんだろうか。今年は仕事をしたとはいえ来年の戦力として考えると少し厳しい。敗戦処理やロングリリーフなら問題ないが勝ちパターンや僅差での登板は避けたいところだ。
 
村中は先発のほうが良さそうだが果たして来年どう使うのかみものである。
 
 
敬遠でもアンダースローの山中
 

f:id:cut12:20160911220310j:image

 
 
石山の復帰登板は上々
 

f:id:cut12:20160911220303j:image

 
岩貞はタイムリーも放つ
 

f:id:cut12:20160911220313j:image

 
 
 
〜試合結果〜
東京ヤクルトスワローズ0−5阪神タイガース
勝 岩貞 7勝9敗
負 山中 6勝11敗
S 
本 
(S)
(T)鳥谷7号(山中)、福留10号(村中)
 
〜観戦試合数〜
2016年92戦目
トータル173戦目(2014年からカウント)
広告を非表示にする